• ホーム
  • 根本的に何が違うの?まつげ育毛剤とまつ毛パーマの違いについて

根本的に何が違うの?まつげ育毛剤とまつ毛パーマの違いについて

目元のメイクに力を入れている女性も多く、マスカラやつけまつげなど様々なアイテムを使用してメイクを楽しんでいる人もいます。その中でも人気のあるまつ毛パーマやまつげ育毛剤、一見すると同じように思えるかもしれませんが根本的な違いは何でしょうか。
まつ毛パーマとは自まつげにまつ毛専用のパーマ液を付けてカーラーをし、自まつげをカールさせる施術方法です。まつ毛エクステの場合は自分のまつ毛に人工毛をまつ毛1本1本に専用のグルーを使用して接着させていきます。好きなデザインや本数を選ぶことができ、華やかなデザインからナチュラルなものまでアイリストさんと相談してデザインすることが可能です。2週間ほど楽しむことができ、自まつげが抜けると同時にエクステも自然と抜け落ちます。
パーマは自分のまつ毛の本数や長さでデザインが決まるので、ナチュラルに見えるのが特徴です。まつ毛パーマの持ちは個人差がありますが、3~6週間カールが長持ちします。価格は3,000~10,000円と金額にも差があります。
まつげ育毛剤とは、自まつげにまつ毛専用の育毛剤を使用してまつ毛を太く長くするものです。まつ毛が短くてメイクをしても華やかな目元を作ることが出来ないという人や、マスカラやビューラーを毎日使用している為、まつ毛が傷んで抜けやすく短くなってしまった。そんな人にまつげ育毛剤がおすすめです。100円で購入できるものもあれば、通信販売で購入するような育毛成分がたっぷり含まれたものまで様々なものが販売されています。1日1~2回、すきなタイミングで毎日継続して使用することでまつ毛が抜けにくく太くなり、傷んだまつ毛のキューティクルも修復されていきます。眠っている間の方が傷んだ細胞を修復し、まばたきもしないので使用するなら夜寝る前に使用することをお勧めします。コンタクトレンズを使用している場合、コンタクトを外してから使用しましょう。
個人差はありますが、まつ毛を改善したい場合は最低でも3か月は継続して使用することをお勧めします。まつ毛が太く長くなるとメイクをしたときに華やかな目元を演出することが可能です。まつ毛パーマは自まつげにパーマ液を付けてカールさせ、まつげ育毛剤は育毛剤を使用してまつ毛を太くするものでこの2つには大きな違いがあります。目元は相手に与える印象も大きく、アイメイク1つでその人の性格まで読み取ってしまうほどです。普段のメイクで目元を変えてみても雰囲気が変わり楽しむことが出来るでしょう。